2022-01-18

【ライブ】1/21「煌めき☆アンフォレント 名古屋定期公演」出演情報 #すたーと

直近の告知となり申し訳ありません、今週金曜日のライブ出演が急きょ決まりました!
出演メンバー:和久田朱里、荒武彩音、瑠果、岡田歩佳、一愛、和希、近藤実希
Star☆Tステージ19:12(終演後物販特典会20:30-21:30)
前売販売中 → https://t.livepocket.jp/e/0121kirafore
前売入場の方に前売特典差し上げます、物販特典会時にスタッフまでお声かけください。

煌めき☆アンフォレント 名古屋定期公演
【日時】1月21日(金)OPEN17:00 START17:20
【会場】NAGOYA ReNY Limited
【料金】優先入場 ¥5,000+D 一般 ¥1,500+D 女性 ¥500+D
【出演】煌めき☆アンフォレント / まりえ(40) / Star☆T / あたまのなかは8ビット / ぜろから☆すた→と / アステリア / 絶望のポメラニアン / てぃんく♪ / AMOUR /

【新型コロナ安全対策を行う公演についての注意事項】
・チケットのキャンセル、払戻しは如何なる理由があっても出来かねますのでご了承ください。
・コールやMIX、前後左右への移動、ジャンプ、前へ押し掛ける行為、ヲタ芸やモッシュ、リフト等の危険行為、前方での頻繁な連続ジャンプ、手足を広げての場所取り等、他の観覧者様の迷惑となる行為ははご遠慮ください。ペンライト、手拍子はOKです。
・会場への入場の際、マスク着用必須とさせていただきます。またライブ中、特典会のも必ずマスクの着用をお願い致します。・入場時及び特典会交流前にアルコールにて手指の消毒をお願い致します(アルコールは会場側が用意します)・37.5℃以上の発熱、咳、倦怠感の症状のある方のご来場はご遠慮願います。
・荷物を観覧フロアの床に置く事は転倒等に繋がり危険ですのでNGです。近隣・会場のコインロッカーをご利用いただくか、手に持ってご観覧ください。
・モッシュ、リフト等の危険行為、前方での頻繁な連続ジャンプ、手足を広げての場所取り等、他の観覧者様の迷惑となる行為は禁止となります。
・撮影、録音は禁止です。
・過去、本イベントまたは他イベントでの禁止行為、迷惑行為をなされた方はご入場をお断りする場合があります。
・禁止行為、迷惑行為をされている方はご退場頂く場合がございます。その際、入場料のご返金は致しません。
・禁止行為、迷惑行為があった場合は、安全上、公演を中断または中止させて頂く場合がございますので予めご了承ください。
・最後まで会場のみなさまにお楽しみ頂けるよう、マナーとルールを守ってご観覧ください。
・状況に応じてイベントが中止になる場合もございます、予めご了承ください。


【ライブ】1/25「Star☆Tライブ at 豊田カフェ[荒武彩音 みゆ生誕祭]」開催情報及びお花代受付について #すたーと

2022年1月よりスタートしたメンバー生誕ライブ、1/25に 荒武彩音 と みゆ の生誕祭を開催します。ご来場お待ちしています。
※贈呈花束代受付等については下記をご確認ください。
※1月に誕生日を迎える伊勢実恩と岡田歩佳の生誕ライブは2月開催の予定です。

Star☆Tライブ at 豊田カフェ[荒武彩音 みゆ生誕祭]
【日時】1月25日(火)18:30開場 19:00開演(ステージ約40分 終演後物販特典会あり)
【出演】荒武彩音、みゆ メンバーゲスト:瑠果、一愛、佐藤瑠那、近藤実希
【会場】豊田カフェ/オープンスペース(豊田市小坂町12-100 豊田市民文化会館内)
愛知環状鉄道「新豊田駅」から徒歩12分 名鉄三河線・豊田線「豊田市駅」から徒歩15分 駐車場あり http://toyotacafe-theater.com/
【料金】2,000円
※30名限定 ※料金は当日精算させていただきます。
※ドリンク・フード販売あります。コーヒー/ソフトドリンクほか クラフトビールもあります!豊田カフェ名物あいち牛バーガーもありますよ!ライブ観覧しながらの飲食も可です。どうぞご利用ください。
※自席からの撮影可(動画不可)

入場予約受付フォーム → https://tiget.net/events/165437
【受付開始日時】1月19日(水)21:00~
※複数枚のご購入はできません。申込はおひとりずつ、ご本人のみとさせていただきます。

ご入場について
当日は開演の30分前(18:30)より開場しますが、新型コロナウィスル感染症防止のため、TIGETの受付番号順でご入場いただきます。開場時間より番号順でお呼びいたしますので、入り口付近で密集・お並びいただかずに、他の方と十分な間隔を保ってお待ちください。

生誕メンバープレゼントについて
○お花
生誕メンバーへの花束代はStar☆T運営にて徴収・受付させていただき、他メンバーで用意して、ファン一同様からとして当日贈呈させていただきます。つきましては、それ以外、ファン個人様からのお花プレゼントは受取できませんのでどうぞご了承ください。
花束代は、1口500円をヤフオク!にて受付いたします。またお礼として本人からのメッセージ動画をお送りします。

ヤフオク受付タイトル「生誕祭メッセージ動画(プレゼント花束代受付用)」
アイドルグループStar☆T(すたーと)メンバーの生誕祭メッセージ動画をご購入いただけます。いただいた代金は、手数料、消費税分等を引いて本人への花束代にさせていただきます。
・1口500円(おひとり1口まで)25口受付
※受付終了までに13口に達しない場合は、再受付します。再受付ではおひとり複数受付可となります。
・生誕祭後、花束とともに撮影したメッセージ動画データをお送りします(ダウンロードURLをお送りします)。
※メッセージ動画は同じ内容になります、個別の要望等はお受けできませんのでご了承ください。
ヤフオク!ページ → https://auctions.yahoo.co.jp/seller/vhsbk78563?ngram=1&u=vhsbk78563
【受付開始日時】1月19日(水)22:00~(受付終了1/21午前10時頃)

○その他
お花以外のプレゼントは当日の特典会時に自由にお渡しください。ただし、著しく高価なもの、一般的に備品と認められるもの、現金・金券等はお受取できません。

新型コロナウィルス感染症予防対策について
以下のとおり実施しますので、ご理解、ご協力よろしくお願いいたします
○ご来場のみなさまへのお願い
・発熱、体調不良の方はご来場お控えください。ご入場時に検温させていただきます。
・マスクの着用をお願いします。マスク着用されてない方には観覧中止の要請を行わせていただく場合があります。
・ライブ中の発声による応援、ステージに近づく・観覧スペース内を走り回る等の行為は禁止とさせていただきます。
○予防対策の実施について
・観覧スペースにて十分な間隔を取っていただくため、机・イスを設置し着席でのご観覧となります。
○物販・特典会についてのお願い
・特典会順はメンバーごとの整理券を配布します。配布した整理券番号でお呼びし、継続した行列ができないようにします。
・特典会では、メンバーと間隔を空けさせていただきます。メンバーはフェイスシールド及びマスクを着用させていただきます。
・握手等の接触、2ショットチェキ撮影は禁止とさせていただきます。2m以上離れての撮影はできますが、撮影場所の移動はできかねます。
・飲食物の差し入れ/プレゼントは当分の間お受けできません、どうぞご了承ください。
その他特記事項、お願い事項
・ライブは撮影可(動画は不可)です。ただし、他の観覧者の妨げにならない範囲でお願いします。


【イベント】1/23「青少年センターサークル・グループ文化祭」出演情報 #すたーと

いつも練習やリハーサルをやらせてもらっている豊田市青少年センターのサークル・グループ文化祭に文化祭に出演します。ご来場お待ちしています。

青少年センターサークル・グループ文化祭
【日時】1月23日(日)10:00~16:00
【会場】豊田市青少年センター(豊田産業文化センター内)
観覧無料
Star☆Tは15:00〜出演予定です。
出演メンバー:和久田朱里、岡田歩佳、一愛
※ステージ後場所を移して(名鉄豊田市駅下レンタルスペースにて)、16:00~17:00で物販特典会を行います。詳しい場所は当日ステージ後にお伝えします。
豊田市青少年センターサイト → https://youth-toyota.com/





2022-01-17

【ライブ】1/22「dela Fes mini Vol.4」出演情報 #すたーと

delaさん主催のライブに出演します、ご来場お待ちしています。
出演メンバー:一愛、和久田朱里、斉藤暉、岡田歩佳、みゆ(team sol)+瑠果、和希(レンタル)
Star☆Tステージ13:45(物販特典会15:00~16:00)
チケット予約 → https://tiget.net/events/164346
1月17日(月) 21:30〜 受付開始
予約入場の方に予約特典差し上げます、物販特典会時にスタッフまでお声かけください。

dela Fes mini Vol.4
【日時】1月22日(土)開場12:00 開演12:30
【会場】名古屋インターナショナルレジェンドホール(名古屋市中区大須1-7-26)
【料金】前売¥2,000(D代別整理番号付) 当日¥2,500(D代別整理番号付)
【出演】Star☆T / ナト☆カン / 究極人形 / アステリア / AMOUR / ルベライト / オルテンシア / 沢井里奈 / dela




2022-01-15

【ライブ】1/20「Star☆Tライブ at 豊田カフェ[和希生誕祭]」開催情報 #すたーと

1月16日追記 生誕メンバーへのお花プレゼントについて
生誕メンバーへの花束代はStar☆T運営にて徴収・受付させていただき、他メンバーで用意して、ファン一同様からとして当日贈呈させていただきます。つきましては、それ以外、ファン個人様からのお花プレゼントは受取できませんのでどうぞご了承ください。
花束代は、1口500円をヤフオク!にて、1月17日21:00より受付いたします。またお礼として本人からのメッセージ動画をお送りします。

受付タイトル「生誕祭メッセージ動画(プレゼント花束代受付用)」
アイドルグループStar☆T(すたーと)和希の生誕祭メッセージ動画をご購入いただけます。
いただいた代金は、手数料、消費税分等を引いて本人への花束代にさせていただきます。
・1口500円(おひとり1口まで)25口受付
※前日までに13口に達しない場合は、再受付します。再受付ではおひとり複数受付可となります。
・生誕祭後、花束とともに撮影したメッセージ動画データをお送りします(ダウンロードURLをお送りします)。
※メッセージ動画は同じ内容になります、個別の要望等はお受けできませんのでご了承ください。
1月17日(月)21:00より受付開始

2022年1月よりメンバーの生誕祭をStar☆T運営事務局とファンのみなさんとの共催で、基本豊田カフェで行うようにします(開催日程、場所については、ファンのみなさんに事前にご相談して決定していく予定です)。
トップバッターは1月19日に17歳の誕生日を迎える和希です。ご来場お待ちしています。

Star☆Tライブ at 豊田カフェ[和希生誕祭]
【日時】1月20日(木)18:30開場 19:00開演(ステージ約40分 終演後物販特典会あり)
【出演】和希 メンバーゲスト:和久田朱里、斉藤暉、岡田歩佳、優愛
【会場】豊田カフェ/オープンスペース(豊田市小坂町12-100 豊田市民文化会館内)
愛知環状鉄道「新豊田駅」から徒歩12分 名鉄三河線・豊田線「豊田市駅」から徒歩15分 駐車場あり http://toyotacafe-theater.com/
【料金】2,000円
※30名限定 ※料金は当日精算させていただきます。
※ドリンク・フード販売あります。コーヒー/ソフトドリンクほか クラフトビールもあります!豊田カフェ名物あいち牛バーガーもありますよ!ライブ観覧しながらの飲食も可です。どうぞご利用ください。
※自席からの撮影可(動画不可)

予約受付フォーム → https://tiget.net/events/164949
【受付開始日時】1月16日(日)12:00(正午)~
※複数枚のご購入はできません。申込はおひとりずつ、ご本人のみとさせていただきます。

ご入場について
当日は開演の30分前(18:30)より開場しますが、新型コロナウィスル感染症防止のため、TIGETの受付番号順でご入場いただきます。開場時間より番号順でお呼びいたしますので、入り口付近で密集・お並びいただかずに、他の方と十分な間隔を保ってお待ちください。

生誕メンバープレゼントについて
○お花
生誕メンバーへの花束代はStar☆T運営にて徴収・受付させていただき、他メンバーで用意して、ファン一同様からとして当日贈呈させていただきます。つきましては、それ以外、ファン個人様からのお花プレゼントは受取できませんのでどうぞご了承ください。
花束代は、1口500円をヤフオク!にて、1月17日21:00より受付いたします。またお礼として本人からのメッセージ動画をお送りします。

受付タイトル「生誕祭メッセージ動画(プレゼント花束代受付用)」
アイドルグループStar☆T(すたーと)和希の生誕祭メッセージ動画をご購入いただけます。
いただいた代金は、手数料、消費税分等を引いて本人への花束代にさせていただきます。
・1口500円(おひとり1口まで)25口受付
※前日までに13口に達しない場合は、再受付します。再受付ではおひとり複数受付可となります。
・生誕祭後、花束とともに撮影したメッセージ動画データをお送りします(ダウンロードURLをお送りします)。
※メッセージ動画は同じ内容になります、個別の要望等はお受けできませんのでご了承ください。
1月17日(月)21:00より受付開始

○その他
お花以外のプレゼントは当日の特典会時に自由にお渡しください。ただし、著しく高価なもの、一般的に備品と認められるもの、現金・金券等はお受取できません。

新型コロナウィルス感染症予防対策について
以下のとおり実施しますので、ご理解、ご協力よろしくお願いいたします
○ご来場のみなさまへのお願い
・発熱、体調不良の方はご来場お控えください。ご入場時に検温させていただきます。
・マスクの着用をお願いします。マスク着用されてない方には観覧中止の要請を行わせていただく場合があります。
・ライブ中の発声による応援、ステージに近づく・観覧スペース内を走り回る等の行為は禁止とさせていただきます。
○予防対策の実施について
・観覧スペースにて十分な間隔を取っていただくため、机・イスを設置し着席でのご観覧となります。
○物販・特典会についてのお願い
・特典会順はメンバーごとの整理券を配布します。配布した整理券番号でお呼びし、継続した行列ができないようにします。
・特典会では、メンバーと間隔を空けさせていただきます。メンバーはフェイスシールド及びマスクを着用させていただきます。
・握手等の接触、2ショットチェキ撮影は禁止とさせていただきます。2m以上離れての撮影はできますが、撮影場所の移動はできかねます。
・飲食物の差し入れ/プレゼントは当分の間お受けできません、どうぞご了承ください。
その他特記事項、お願い事項
・ライブは撮影可(動画は不可)です。ただし、他の観覧者の妨げにならない範囲でお願いします。


2022-01-11

【ライブ】1/16「豊田ご当地アイドルStar☆Tライブ in 豊田スタジアム」開催情報 #すたーと

1月13日追記
緊急事態宣言下ではないため、以前行っていたような観覧スペースを柵で囲う等はありません。観覧スペース入場の事前予約も行いません。
概ね12:30頃にステージスペース決定しますので、それ以後で観覧場所の確保等をいただきますようよろしくお願いいたします。


10月以来の開催となります、豊田スタジアムライブです!ご来場お待ちしています!
出演メンバー:和久田朱里、斉藤暉、瑠果、岡田歩佳、一愛、佐藤瑠那、近藤実希、優愛、石田成美、愛姫

豊田ご当地アイドルStar☆Tライブ in 豊田スタジアム
【日時】1月16日(日)14:00開演(15:00終演予定 終演後物販特典会)
【会場】豊田スタジアム 西イベント広場
【出演】Star☆T
観覧無料 撮影可
雨天中止(中止の場合は当日の9時までにサイト等にてお知らせします)

【新型コロナウィスル感染症拡大防止対策について】
○ご来場のみなさまへのお願い
・発熱、体調不良の方はご来場お控えください。観覧スペース事前予約の方については、当日受付時に検温させていただきます。
・マスクの着用をお願いします。マスク着用されてない方には観覧中止の要請を行わせていただく場合があります。
・ライブ中の発声による応援、席を立ってステージに近づく又は観覧スペース内を走り回る等の行為は禁止とさせていただきます。
○予防対策の実施について
・スタッフも常時マスクを着用させていただきます。
・出演者も、パフォーマンス時、待機時も常に十分な間隔を確保します。
・出演者、スタッフの手指消毒、使用備品の消毒を随時行います。
○物販・特典会でのお願い
・特典会順はメンバーごとの整理券を特典会開始時に配布します。配布した整理券番号でお呼びし、継続した行列ができないようにします。
・物販では販売スタッフと購入者の間に飛沫拡散防止のビニールシートを設置させていただきます。
・特典会では、メンバーと2mの間隔を空けさせていただきます。メンバーはマスク及びフェイスシールドを着用させていただきます。
・握手等の接触、近づいての2ショットチェキ撮影は禁止とさせていただきます。2m以上離れての撮影はできますが、撮影場所の移動はできかねます。
・飲食物の差し入れ/プレゼントは当分の間お受けできません、どうぞご了承ください。
【その他】
会場までお越しになれない方、ご観覧いただけない方のために当日撮影の動画を終演後1~2日の内にYouTubeにて公開の予定です(1カメ固定撮影)。


【ライブ】1/15「裏キャンフェス名古屋mini supported by CANDYFESTIVAL」「アステリア砂糖みう聖誕祭 supported by CANDYFESTIVAL」出演情報 #すたーと

キャンレコさん主催のライブハウス&屋外ライブ(無料)に出演します!ご来場お待ちしています。
出演メンバー:伊勢実恩、一愛、和久田朱里、斉藤暉、岡田歩佳、(team sol)+近藤実希、優愛(レンタル)
※2022.1.13より新チーム体制での出演となります。
Star☆Tステージ
シアターZONE11:40(並行物販C 12:10-13:10)
若宮広場15:00(並行物販D 15:30-16:30 ※特典会会場栄ガスビル・5階ガスホール 入場料500円・再入場可)
シアターZONEライブ前売発売中 → https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02bmhb98zf321.html
前売入場の方に前売特典差し上げます、物販特典会時にスタッフまでお声かけください。
若宮広場前方エリア優先リストバンド → https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02d45r261g321.html

裏キャンフェス名古屋mini supported by CANDYFESTIVAL
【日時】1月15日(土)OPEN10:30 / START11:00
【会場】シアターZONE
【料金】①優先入場+最前エリア2,900円(D+600円) ②一般前売1,700円(D+600円) ③一般当日1,900円(D+600円)
入場順 ①→②→③(※各整理番号順入場)
※追加最前エリアリストバンド1,000円会場受付販売
【出演・タイムテーブル】
10:30 OPEN
11:00-11:20 AMOUR(並行物販A 11:30-12:30)
11:20-11:40 究極人形(並行物販B 11:50-12:50)
11:40-12:00 Star☆T(並行物販C 12:10-13:10)
12:00-12:20 Re:Clash(並行物販A 12:30-13:30)
※いちぜん!(並行物販D 12:30-13:30)
12:20-12:40 ナト☆カン(並行物販B 12:50-13:50)
12:40-13:00 HAKUAKI(並行物販C 13:10-14:10)
13:00-13:20 dela(並行物販D 13:30-14:30)
13:20-13:25 「換気タイム」
13:25-13:45 アステリア(並行物販B 13:55-14:55)
13:45-14:05 いちぜん!(並行物販A 14:15-15:15)
14:05-14:25 チビ☆カン(並行物販C 14:35-15:05)
14:25-14:45 プランクスターズ(並行物販D 14:55-15:55)
14:45-14:50 「換気タイム」
14:50-15:10 激情リフレイン(並行物販A 15:20-16:20)
15:10-15:30 Renew(並行物販B 15:40-16:40)
15:30-15:50 ミラクルファンファーレ!(並行物販C 16:00-17:00)
15:50-16:10 mistress(並行物販D 16:20-17:20)
16:10-16:30 Aqueur(並行物販A 16:40-17:40)
16:30-16:50 なないろ∞ミルキーウェイ(並行物販B 17:00-18:00)
16:50-17:10 閃光アミュレット(並行物販C 17:20-18:20)
17:10-17:30 ぜろから☆すた→と(並行物販D 17:40-18:40)
17:30-17:50 CHERRY GIRLS PROJECT(並行物販A 18:00-19:00)
17:50 終了(全て地下駐車場エリアにて各並行物販になります)

アステリア砂糖みう聖誕祭 supported by CANDYFESTIVAL
【日時】1月15日(土)OPEN11:30 / START11:55
【会場】若宮広場
【料金】無料
◆リストバンド購入特典◆
事前にリストバンド(2000円)購入して頂いた参加者の方は前方エリアを優先して観覧可(特典会会場にも無料で入場可能)
【特典会】栄ガスビル・5階ガスホール(名古屋市中区栄三丁目15番33号)若宮広場より徒歩7分(入場料500円・再入場可)
【出演】ナト☆カン / アステリア / 究極人形 / プランクスターズ / いちぜん! / HAKUAKI / 君に、胸キュン。 / dela / Star☆T / Re:Clash / mistress / CHERRY GIRLS PROJECT / てぃんく / MERUCHU / 蜜兎 / #あんのわーるど / Renew / 激情リフレイン / ミラクルファンファーレ! / なにわキャッツ 他
■若宮広場
11:00- 前方エリアリストバンド引き換え開始(※事前購入者のみ)~整列(整理番号順)
11:30- 整理番号順入場
■栄ガスホール
12:50- 特典会受付開始(入場料500円でリストバンド・再入場可)若宮広場の前方エリア希望者はこちらでリストバンド販売(2,000円)
<タイムテーブル>
11:55-12:10 いちぜん!(並行物販D 12:30-13:30)※シアターZONEにて
12:10-12:25 激情リフレイン(並行物販B 13:00-14:00)
12:25-12:40 Renew(並行物販C 13:00-14:00)
12:40-12:55 mistress(並行物販D 13:00-14:00)
12:55-13:10 ミラクルファンファーレ!(並行物販A 14:00-15:00)
13:10-13:25 てぃんく♪(並行物販B 14:00-15:00)
13:25-13:40 CHERRY GIRLS PROJECT(並行物販C 14:00-15:00)
13:40-13:55 「調整」
13:55-14:10 蜜兎(並行物販D 14:25-15:25)
14:10-14:25 #あんのわーるど(並行物販A 15:00-16:00)
14:25-14:30 「調整」
14:30-14:45 なにわキャッツ(並行物販B 15:00-16:00)
14:45-15:00 君に、胸キュン。(並行物販C 15:00-16:00)
15:00-15:15 Star☆T(並行物販D 15:30-16:30)
15:15-15:35 HAKUAKI(並行物販A 16:00-17:00)
15:35-15:40 「調整」 
15:40-15:55 MERUCHU(並行物販B 16:00-17:00)
15:55-16:10 Re:Clash(並行物販C 16:25-17:25)
16:10-16:25 究極人形(終演後物販B)
16:25-16:40 dela(並行物販D 16:55-17:55)
16:40-16:55 いちぜん!(並行物販A 17:05-18:05)
16:55-17:05 砂糖みう+神楽みお
17:05-17:20 プランクスターズ(終演後物販A)
17:20-17:25 砂糖みう
17:25-17:40 ナト☆カン(終演後物販C)
17:40-18:00 アステリア(終演後物販D)
18:15- 終演後物販




【ライブ】1/14「ReNY 1COIN FESTIVAL」出演情報 #すたーと

P-Locoさん主催、NAGOYA ReNY limtedでのライブに出演します!ご来場お待ちしています。
出演メンバー:伊勢実恩、和久田朱里、岡田歩佳、みゆ(team sol) +荒武彩音、瑠果、近藤実希(レンタル)
※2022.1.13より新チーム体制での出演となります。
Star☆Tステージ18:36(並行物販19:10~20:10)
前売発売中 → https://t.livepocket.jp/e/rnpe-
※Aチケット予約500円のため前売特典はございません、ご了承ください。

ReNY 1COIN FESTIVAL
【日時】1月14日(金)15:50OPEN / 16:20START
【会場】NAGOYA ReNY limted
【料金】Sチケット(最前列優先席)予約5,000円(1D別) Aチケット 予約500円(1D別) 当日+500円
【出演】P-Loco / Ikenai Rouge Magic / Harley Queen / OS☆U / Star☆T / 名古屋CLEAR'S / dela / ヤンチャン学園NAGOYA / IDOL★ST∀R MINE / てぃんく♪ / ナト☆カン / レイドロイド
SpecialGuest:神使轟く、激情の如く。


【ライブ】1/13「アステリア水乃なお聖誕祭」出演情報 #すたーと

アステリア水乃なおさんの生誕ライブに出演します!ご来場お待ちしています。
出演メンバー:荒武彩音、瑠果、佐藤瑠那、和希、近藤実希、優愛、石田成美(team lua)
※2022.1.13より新チーム体制での出演となります。
Star☆Tステージ19:40(終演後物販20:25-21:30)
前売入場の方に前売特典差し上げます、物販特典会時にスタッフまでお声かけください。

アステリア水乃なお聖誕祭
【日時】1月13日(木)OPEN17:00 / START17:30
【会場】名古屋ReNYlimited
【料金】①優先入場&最前エリア2,000円(D+600円) ②一般前売1,000円(D+600円) ③一般当日1,500円(D+600円)
入場順 ①→②→③(※各整理番号順入場)
※追加最前エリアリストバンド1,000円会場受付販売
※入場時聖誕特典あり(数量限定)
【出演・タイムテーブル】
17:30-17:48 Renew(並行物販A 18:00-19:00)
17:48-17:50 -マイク消毒+換気-
17:50-18:08 Melty adorable(並行物販B 18:20-19:20)
18:08-18:10 -マイク消毒+換気-
18:10-18:28 ヱンデ(並行物販C 18:40-19:40)
18:28-18:30 -マイク消毒+換気-
18:30-18:48 B▼DPiNK.(並行物販A 19:00-20:00)
18:48-18:50 -マイク消毒+換気-
18:50-19:08 dela(終演後物販)
19:08-19:10 -マイク消毒+換気-
19:10-19:28 ナト☆カン & 究極人形(終演後物販)
19:28-19:38 水乃なお聖誕コーナー「水乃なお&桃宮りぼん」→「水乃なおソロ」
19:38-19:40 -マイク消毒+換気-
19:40-19:58 Star☆T(終演後物販)
19:58-20:00 -マイク消毒+換気-
20:00-20:25 アステリア(終演後物販)
20:25-21:30 終演後物販


2022-01-09

【お知らせ】チーム割振りの変更について、担当色について、9期生のプロフィール掲載について #すたーと

グループ内チーム(team sol、team lua)について、2021年中でメンバー4名が退団したこと及び9期生の正メンバー昇格を受け、人数・バランス等の不均衡の是正、9期生のチーム割振りを目的としたメンバー構成の変更を行いました。
2022年1月13日より、Star☆T出演各ライブ・イベント等において新チーム体制にてライブ/イベント出演等行っていきますので、各チーム応援よろしくお願いいたします。

2022年1月13日付けにてStar☆Tメンバーを以下のチーム、役職に任命する。
team sol (チーム ソル)/伊勢実恩(チームリーダー)、一愛(チームサブリーダー)、和久田朱里、斉藤暉、岡田歩佳、みゆ、愛姫
team lua (チーム ルア)/荒武彩音(チームリーダー)、瑠果(チームサブリーダー)、佐藤瑠那、和希、近藤実希、優愛、石田成美
和久田朱里を引き続き総リーダーに任命し、2チームの統括、チーム間調整等を行う。
※チーム名は、ポルトガル語の太陽=sol (ソル) 、月=lua (ルア) より命名

新チーム割振りは、1月3日生配信のStar☆TTV(YouTube公開)内にて、公開運営会議で行いました。ちらにてご視聴いただけます。
Star☆TTV#18 → https://youtu.be/7zOoD_FRbpg

担当色を以下のとおりとする。
※【】内はカラーコード 及び Star☆Tグッズとして販売したペンライト(24色)の対応番号です。
※変更していないメンバーも併せて一覧で表示しましたのでご了承ください。
和久田朱里/銀【#c0c0c0 ⑥】
荒武彩音/緑【#008000 ⑬】
斉藤暉/黄【#ffff00 ⑧】
瑠果/赤【#ff0000 ①】
伊勢実恩/紫【#800080 ㉑】
岡田歩佳/水【#87ceed ⑦】
一愛/黄緑【#90ee90 ⑭】
佐藤瑠那/桃【#ff69b4 ⑱】
和希/白【#ffffff ㉔】
近藤実希/青【#0000ff ④】
優愛/橙【#ffa500 ⑩】
石田成美/藤【#dda0dd ㉓】
みゆ/薔薇【#ffc0cd ⑳】
愛姫/檸檬【#ffffa8 ⑨】
※運営会議生配信の後、改めてメンバーの希望を聴取した上で、全メンバー希望した色を配分しましたので、どうぞご安心ください。

9期生プロフィールをサイト掲載しました
合わせて、全メンバーのプロフィール写真も更新しました。担当カラーもプロフィールにてご確認ください。
プロフィールページ → http://star2t.com/profile.html

2022-01-07

【テレビ】1/8「豊田おいでんまつり~おうちでみりん おどろまい~」出演情報 #すたーと

Star☆Tは、ひまわりネットワークのスタジオより出演でおいでんまつりを盛り上げます!
出演メンバー:近藤実希、一愛、瑠果、伊勢実恩、荒武彩音、和久田朱里
※観覧等はできませんのでご了承ください。

第53回豊田おいでんまつり~おうちでみりん おどろまい~
2022年はテレビとYouTubeでおいでんまつり!
おいでん踊りをテレビの前で「Star☆T」と一緒に踊ろう!
番組ではおいでんまつりの歴史VTRや、豊田市出身の有名人&視聴者の皆さんから募集した
おいでんまつりのエピソードも紹介します。
そして、市内の6カ所から打ち上げ花火を中継。
テレビとYouTubeを通して皆で同じ夜空を観ませんか?
【放送日時】1月8日(土)18:00~19:15(YouTube配信は19:00まで)
【放送媒体】・ひまわりネットワーク ひまわり12(地デジ12ch)
・豊田市公式YouTubeチャンネル → https://youtu.be/yq3cGublsC4
詳しくは番組サイトにて → https://www.himawari.co.jp/oiden/

花火打ち上げ
日時:2022年1月8日 18時40分〜19時(順延日:1月10日)
内容:市内11箇所で分散して花火同時打ち上げ
詳しくはこちら → https://www.oidenmaturi.com/hanabi/program/


2022-01-05

【ライブ】1/10「ミュージックパーク ~Girls&Music Theater~(東京遠征)」出演情報 #すたーと

11月以来の東京遠征ライブです、ご来場お待ちしています!
出演メンバー:近藤実希、和希、一愛、瑠果、伊勢実恩、岡田歩佳、和久田朱里
Star☆Tステージ13:40(並行物販特典会14:05〜15:15)
前売発売中 → https://tiget.net/events/162686
配信チケット発売中 → https://tiget.net/events/163781
前売入場の方に前売特典差し上げます、特典会時にスタッフまでお声かけください。
※タイムテーブルまもなく発表の予定です、もうしばらくお待ちください。Star☆Tステージは昼過ぎ頃の予定です。

ミュージックパーク ~Girls&Music Theater~
【日時】1月10日(月祝)開場10:30 / 開演11:00
【会場】渋谷ストリームホール(東京都渋谷区渋谷3-21-3)
【料金】前売4,000円 / 当日5,000円 +1D https://tiget.net/events/162686 1月1日(土)20:00〜
配信 前売2,000円 / 当日2,500円 https://tiget.net/events/163781
【出演】イートイン / innes / ウイバナ / 泡沫のクロワジエール / 美味しい曖昧 / THE ORCHESTRA TOKYO / 開歌-かいか- / カラフルスクリーム / C;ON / 透色ドロップ / Star☆T / セカイシティ / タイトル未定 / テラス×テラス / 転校少女* / NELN / PANDAMIC / 翡翠キセキ / Ringwanderung / ゑんら

公式サイト → http://musicpark.jp/

・当日は整理番号順でのご入場になります。開場時間の10分前から整理番号の呼び出し、並びに入場待機列の作成を開始致しますので、係員の指示に従ってご整列下さい。それ以前の整列は近隣の迷惑になりますのでご遠慮下さい。
・お一人様1公演につき1枚まで。
・未就学児童入場不可。
・暴力行為・危険行為など、他のお客様のご迷惑になる行為は絶対におやめ下さい。係員の指示に従っていただけない場合、当該者にご退場頂く、公演を中止するなどの措置を取らせて頂く場合がございます。
・事情によりライブ鑑賞に関するルール等は直前に変更となる場合がございます。 公演当日はスタッフのご案内に従ってお楽しみください。
・今後の感染症拡大状況によっては、中止または延期のご案内をさせていただく可能性がございます。
【イベント参加時の注意】
・会場入り口での来場者様の検温(37.5度以上のお客様は入場をお断りさせていただきます。)。
・入場口等に手指消毒剤を設置。
・入場前に質問票の記入をお願い致します。
・会場内での来場者様のマスク着用。
・場内係員のマスク着用。
・曲中のコールや声援など大きな声をあげる行為禁止。(拍手やペンライトを振る行為は可)
・公演中の場所移動禁止。


【ライブ】1/9「みんなの遊び場 vol.38 inちくさ座 1部&2部」出演情報 #すたーと

千種文化小劇場(ちくさ座)でのライブに出演します。1部2部とも出演です。ご来場お待ちしています。
出演メンバー:優愛、一愛、瑠果、岡田歩佳、荒武彩音、石田成美、みゆ(team lua +9期生)
Star☆Tステージ 1部12:35(並行物販13:00-14:00)2部18:20(終演後物販19:30-20:30)
前売発売中
前売入場の方に前売特典差し上げます、特典会時にスタッフまでお声かけください。
※Star☆Tは静止画のみ撮影可です

みんなの遊び場 vol.38 inちくさ座 1部
【日時】1月9日(日) OPEN11:00 / START11:30
【会場】千種文化小劇場(ちくさ座)
【入場料】ADV¥1,000 / DOOR¥1,500 (D代不要)
【出演】名古屋CLEAR'S / VerryMerry / Star☆T / IDOL☆ST∀R MINE / 名古屋16区ガールズ / ふるぱれーど / ひつじ三角形 / ヱンデ

みんなの遊び場 vol.38 inちくさ座 2部
【日時】1月9日(日)OPEN16:00 / START16:30
【会場】千種文化小劇場(ちくさ座)
【入場料】ADV¥1,000 / DOOR¥1,500 (D代不要)
【出演】名古屋CLEAR'S / VerryMerry / Star☆T / ヤンチャン学園NAGOYA / わがままHOLiC / IDOL☆ST∀R MINE / ほわいと⭐︎ベガ / 閃光アミュレット










2022-01-03

【お知らせ】動画販売スタート!Star☆Tビデオオンデマンド開設しました #すたーと

販売DVDやシングルCD・アルバムCD等付属DVDなどの収録動画のオンデマンド販売(スマホ、タブレット、PC等で視聴できる)を開始しました。
Star☆Tでは、プロモーションミュージッククリップや、無料観覧ライブ(例:豊田スタジアムライブなど)、その他の動画をYouTubeチャンネルにて公開していますが、販売DVDやCD付属ボーナスDVD等に収録の動画を、開設したページにて販売します。

※Star☆TV配信にてアルバム「2021」に付録するボーナス動画をどのように販売して欲しいがみなさんにお聞きしたところ、「DVDで欲しい」「ブルーレイで欲しい」「スマホやPCで観れるようデータで欲しい」と三様のご意見をいただきました。
そこで、「2021」アルバムCDにはDVD付録としつつ(type-Bにて対応)、アルバム発売後、ビデオオンデマンドでも販売することといたしました。

合わせて、過去の無料公開していない動画も順次販売していく予定です。また、新しい販売動画の制作も計画中です。

第1弾 販売開始動画
○「ここ10年のStar☆T」映像と歴代リーダー&プロデューサーインタビューで振り返るStar☆T10年の軌跡(68分 2021年制作)
・アルバム「2021」type-B付録ボーナスDVD収録の動画
○SOLO10 ミュージッククリップシリーズ全10作品(2019~2020年制作)
・シングル「Woman」type-B付録ボーナスDVD収録の動画
○Star☆T Photobook Summer Vacation メイキングムービー(19分 2018年制作)
・2018年夏発売の写真集付録のボーナスDVD収録の動画 水着撮影・写真集メイキング
※購入とレンタル(1週間)を選択できます。
※各価格はビデオオンデマンドページでご確認ください。
※vimemoプラットフォームを使用しています。購入には登録が必要です(グーグルアカウント等での登録可)。購入はクレジットカード又はPayPalで可能です。

ビデオオンデマンドのいいところ
☆スマホやPCで気軽に動画視聴、ダウンロードもできます。アプリを使えばテレビモニターへのキャストも可。
☆DVDのSD画質より解像度の高いHD(ハイビジョン)画質の動画が視聴できます。
☆さらに、vimeoはYouTubeよりも画質がきれいと言われています。

すでにDVDをお持ちの方も、動画を見てない方も、お試しください!








【お知らせ】既発表全曲(8thシングル「Woman」まで)の歌詞をサイトに掲載しました #すたーと

デビュー10周年を迎えたことを機に、Star☆Tがこれまで発表した全楽曲の歌詞をサイトに掲載しました。※ニューアルバム「2021」収録曲は除く
スマホでサブスク、ストリーミング/ダウンロードなどで音楽を聴かれる方も多いと思います、どうぞご活用ください。
※画像ファイルで公開していますので、そのまま画像保存いただけます。

歌詞掲載目次ページ → http://star2t.com/lyrics.html


2022-01-02

【お知らせ】ニューアルバム「2021」プロデューサー/楽曲制作者による楽曲解説インタビュー公開しました! #すたーと

12/15発売Star☆T2ndフルアルバム「2021」のプロデューサー/楽曲制作者による楽曲解説インタビューを公開しました!
収録各曲の制作過程や制作裏話など、各曲プロデューサーに大いに語っていただきました。
アルバム「2021」をより深く知りたい方はぜひ!

その① アルバム「2021」全体、「メカクシンデレラ」について → https://star2t.blogspot.com/2022/01/2021-2021.html
その②「ひねくれたI LOVE YOU」について →  https://star2t.blogspot.com/2022/01/2021-i-love-you.html
その③「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』」「リコネクト」について → https://star2t.blogspot.com/2022/01/2021-sigs-tart.html
その④「Hello!」「HAKA」について → https://star2t.blogspot.com/2022/01/2021-hellohaka.html
その⑤「TEN~Up Down Ladder~」「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう」「2021-2021ver.-」について、その他 まとめ → https://star2t.blogspot.com/2022/01/2021-tenup-down-ladder2021-2021ver.html

【楽曲解説】プロデュ―サ―によるアルバム「2021」楽曲解説 その⑤「TEN~Up Down Ladder~」「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう」「2021-2021ver.-」について、その他 まとめ

CD発売後恒例の制作者による楽曲解説インタビューを公開します。
Star☆T2ndフルアルバム「2021」について、収録楽曲について、楽曲制作/プロデューサーのみなさんにお話を伺いました。



●各楽曲解説 M8「TEN~Up Down Ladder~
――続いて「TEN~Up Down Ladder~」制作の深井勇次さんに伺います。楽曲制作の依頼を受けた時は?
深井:早い段階で、タイトル「Ten」が決まり10周年アルバムということもあり、これは荷が重いぞとなりました(笑)。

――楽曲制作過程についてお聞かせください
深井:1番初めに浮かんだのは「チアっぽい曲」でした。が、なかなか完成形のイメージがつかめなかったので、簡易的なデモを作り清水さんに作詞を依頼いたしました。
 清水さんの詩のイメージから、メロディーやアレンジを大幅に変えていきました。
 詞も少し意見させていただきつつ、10年を歩んできたStar☆T自身の応援歌を可愛らしく表現できたかなぁと思います。

――楽曲の聴きどころ、こだわった点など
深井:特に大きくこだわらなかったことがこだわりですかね(笑)。
 無駄を一切排除して、極力シンプルにしました。
 作家のエゴが強すぎると独りよがりのモノになりがちですので、成るがままに出来上がったという感じです。

――レコーディング、ミックスなどについて
深井:ギター、ベースも依頼したのですが、ざっくりイメージ伝えて出てきたものをそのまま採用しました。
 歌録りでもメンバーが歌いやすければデモと違っても採用としてます!

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
深井:この曲はLive曲だと思いますので、会場で一緒に盛り上げて頂ければと思います!

――作詞の清水Pにも作詞過程について伺います
清水:深井さんが言われる通り、最初のデモはもっとチアっぽくて、詞も応援歌にしちゃうと本当にチア曲になっちゃうなぁと思って、どうしようかと。
 なんとなくインディーズアメリカ映画のザラッとした感覚、アメリカの地方都市が舞台で、かわいくない女の子が主人公で、親にスポイルされて育って、でもチアリーダーに入りたくて、、、みたいなストーリーが思い浮かんで。
 Ladderの語感がハマったので、梯子(Ladder)を上り下りする、10段までは上がるな、10周年記念盤だから隠し味でTENってタイトルにしちゃおう(内容は10周年とは全然関係ないけど)という感じでイメージを作っていきました。
 「いちにのさーんしごー~」というサビの詞は深井さんのアイディアです。内容と語感が両立してて気に行ってます。ライブで声が出せるようになったら、ぜひみんなで歌って欲しいですね。

深井勇次
これまでの提供曲「きまぐれストーリー」「15センチ」「2021」「ドッペルゲンガー」ほか。またデビュー以来Star☆T楽曲のレコーディング、マスタリングなどを手掛ける。
Vox Box Studioサイト http://voxboxstudio.com/
Vox Box Studioツイッター https://twitter.com/voxboxstudio
深井勇次ツイッター https://twitter.com/voxbox_fukai


●各楽曲解説 M9「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう
――続いて「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう」制作の藤村のりおさんに伺います。楽曲制作の依頼を受けた時は?
藤村:1年半振りにお誘いいただいて、また10周年という節目となる大事なアルバムに参加させていただけることをとても嬉しく思いました。

――楽曲制作過程についてお聞かせください
藤村:世の中の状況もあり、誰もが不安な気持ちを持っていた時期でもあったので、懐かしいどこかで聴いたことあるような安心感が欲しいと思い曲を書きました。

――楽曲の聴きどころ、こだわった点について
藤村:曲の中でのストーリーを付けたかったので、光と影、不安と希望の様なイメージで作ったのですが、どうまえなおこさんに歌詞を書いていただき、イメージにぴったりというか、それ以上で、命が吹き込まれた感じをを歌詞を見た時に受けました。歌詞が最高です!

――レコーディング、ミックスなどについて
藤村:ミックスは、メンバーさんの声をリアルに聞こえるようにこだわりました。いつもは細かい楽器とかのバランスなどを意識してやったりもするのですが、今回はみんなでうたう歌のイメージだったので、歌声が聴いてくれる方に届くのが重要だったので、声にこだわりました。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
藤村:また大声で叫びながらライブを盛り上げていただける時が来るのを信じて、Star☆Tを、盛り上げていきましょう!

――清水プロデューサーからもひとこと
清水:今回も大柄で、ポップで、クライマックス感のある曲が藤村さんから届いて、ホッとしたというか、アルバムを象徴する曲がもう1曲増えたなと。
 アルバムの軸になるのは「メカクシンデレラ」とこの曲だと思うので、最初と最後に配置しました(「2021-2021ver.-」はいわばアンコール、カーテンコール曲ですので)。
 そして、藤村さんも言われるとおり、どうまえさんの詞がいい。詞が届いて、歌メロにはめる作業で口ずさんだ時に泣きそうになりましたから。
 藤村さんとどうまえさんは「恋するマーメイド」の作詞作曲コンビでもあって、曲のデモが届いて迷わずどうまえさんに依頼したんですが、特に詞の内容や方向性は決めずにお願いしました(結構ギリギリでの依頼でした)。そしたら1週間くらいで、ほぼ完成形で届いて。
 詞が届いた時のどうまえさんのコメントです。
「フジロックの配信を観ながら、歓声のないライブってこんなにもさみしいもんなのかというのが頭にあって、みんな寂しさこらえながらコロナ禍を生きてんだろうなーとか、いろいろ思いながら書きました」

藤村のりお
これまでの提供曲「恋するマーメイド」「STORY(牧野凪紗ソロ)」「私だけの夢(朝空詩珠紅ソロ)」「Woman」「私の好きな人には、好きな人がいる」
どうまえなおこ
これまでの提供曲「ハイブリッドガール」「ハイブリッドガールⅡ」「恋するマーメイド」
豊田を中心に活動する劇作・演出家


●各楽曲解説 M10「2021-2021ver.-
――各曲解説最後は「2021-2021ver.-」。アレンジ、トラックメイクされたカナイヤスヒロさんに伺います。今回の依頼を受けた時は?
カナイ:8月末だったかな。作曲者の深井氏より、編曲の依頼を二つ返事で返したのが始まり。
 後に「2021」はアルバムのタイトル曲で、育まれている代表曲であると知るのですが・・・ちょっとヒヨりましたね。
 聴き慣れた曲が変化すると、大なり小なり拒否反応を起こした経験が自分でもあったので、正直不安やプレッシャーは感じました。
 でも10周年って凄い。僕も盛大に祝うぞ!!って気持ちを切り替えて作業に取り掛かりましたね。

――楽曲制作過程について
カナイ:オープニングでもフィナーレでも、どちらでも飾れる雰囲気にしようと不思議と思ったので、これをテーマに進めました。
元のアレンジはホーンセクションが印象的でしたので、今回はストリングス主体でいこうと試行錯誤。
ある程度形ができて何度も確認するのですが、どうしても最初のインパクトが足らない。
試しに元アレンジのホーンセクションをイントロに当てはめてみて、コレだ!!ってなりましたね。
この時から、今ある土台と元アレンジの融合を意識して一気に今回のアレンジにたどり着きました。
ほぼ完成形を深井氏に送ったら「間奏に三三七拍子を入れてほしい」と返事が返ってきまして。
一瞬「・・・?」でしたが妙に納得。2コーラス目のBメロから上手く流れが作れたと思います。

――楽曲の聴きどころ、こだわった点など
カナイ:POPな感じに仕上げましたが、メッセージ性の強い歌詞なのでエモーショナルな響きが似合うかなと。コードを付け替えるにあたってここはかなり意識しました。
イントロとサビ後半のコード進行で、いわゆるこのエモさを感じて頂けたらと思います。
あとはなんといっても、深井氏から唯一のオーダーである三三七拍子じゃないでしょうか。

――レコーディング、ミックスなどについて
カナイ:ドラム・ギター・ベースを生で弾こうと決めた時から、ドラマーの河合としみち氏・ギタリストのDaiki TJ氏の顔が浮かんでおりました。
お二人のおかげで、力強さと疾走感を兼ね備えた土台を築くことができました。
歌入れは深井氏にお任せです。演奏の雰囲気にあわせてくれて、かなりカッコ良くなりましたね。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
カナイ:「2021 -2021ver.-」いかがでしょうか?
気兼ねなく大声を出せるその日が来たら、拳をあげて、声を嗄らして、笛の音に合わせて手拍子を一緒に打ちたいですね。

――清水プロデューサーからもコメントが届いています
清水:アルバムタイトルを「2021」にした以上、楽曲「2021」のセルフカバーもマストになったんですが、企画先行で、リアレンジアイディアがあったわけではなかったので、実は結構難産でした。作曲の深井さんとどういう感じにするかメールでやりとりしたんですが、これといった決定打がなくて、、、。
 そんな時に深井さんより「リアレンジ、トラックメイクをまるっと別の人に依頼したい」と相談があり、その方がいいかもしれませんね、とお任せすることにしました。
 デモが届いた時には、、、「これはすごい!」と。イントロのホーンから印象的で、私はビートルズの「All Need is Love」みたいだなって思って。アレンジによっては、曲順も真ん中ぐらいに置いてもとも思っていましたが、これならやっぱりフィナーレだなとなりました。
 深井さん経由で最初に届いたデモは、2018年当時のボーカルが乗ってまして(テンポ、キーが元曲と同じなんですね)、かなりエモいんですが(笑)、完パケの「2021 -2021ver.-」にも、当時のコーラストラック等使ってて、2018年メンバーとクレジットしました。“これまで”と“これから”を繋ぐ曲になったと思います。

カナイヤスヒロ
ARTOWNBANDやAlso the what’s 9などで活動するベーシスト。
2020年コロナ禍でのアーティスト、ライブハウス支援クラウドファンディングCD「アカルイツナグミライ」でのStar☆T曲「ことば」(深井勇次)の編曲も手掛けた。
https://twitter.com/yacchin_bassman


●その他、まとめ
――清水プロデューサーより歌割りや振付について伺います。まずは歌割りについて
清水:各曲のボーカルの割振りのベースは8期生までの11人の声とバランスを考えて割振りしました。10曲あるので総力戦ですね、ソロパート等は楽曲制作の方と相談しながら決めていきました。レコーディングで始めてソロパートを歌ったメンバーも多いと思います。
 CDブックレットの歌詞の最後に、この曲は誰が参加しているかクレジットしました。

――振付について
清水:10周年記念ライブで収録全10曲を披露することにしたので、振付、振入れは大変だったと思います。
 振付は「メカクシンデレラ」と「HAKA」がダンスレッスンもお願いしているHITOMIさん、「ひねくれたI LOVE YOU」「「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』」「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう」は元メンバーのmisola、「2021-2021ver.-」は元曲の振付を概ね踏襲で、残りの「リコネクト」「Hello!」「君が嫌いで僕の好きなとこ」「TEN~Up Down Ladder~」はメンバーが分担して振付しました。

――衣装、ジャケットデザイン等について
清水:コロナ禍で収益も厳しく、衣装は2021年春に既製品をアレンジした“赤衣装”をやっと作れた状況でした(く~ぴょんが尽力してくれました)。でも、10周年のアルバムはちゃんとオーダーした衣装でジャケット撮ろう。
 アルバムタイトルを「2021」に決めた時に、ジャケットもシンプルに真っ白に2021って文字だけでもいいなと思いまして(ビートルズのホワイトアルバムみたいに)。
 そこから衣装担当の和久田に、ジャケットを白ベースにするから、新衣装も白ベースでいこうと話して、和久田が色々調べたり、衣装制作と相談しながら出来上がりました。
 ジャケットデザインは、長年デザインをお願いしているこいけやクリエイトの山岸さん。山岸さんには「メロウ」以降ずっとデザインしてもらってます(こいけやクリエイトさんは「ハイブリッドガール」以降ずっとデザインしてもらってます)。白ベースでtype-A(通常盤)はシンプルに画像も使わないでいきたい、とお願いしました。撮影の永田ゆかさん含めて、10年で繋がってきた地元の人材、才能が結集したアルバムだと思います。
 そういえば、CDブックレットの歌詞のタイトルナンバーのバック柄が歴代衣装の模様になっているの気づきました?これも山岸さんのアイディアです。チェックしてみてください。

――最後に、アルバム「2021」いついてのまとめ、アルバムをお聴きの方にメッセージを
清水:2020年~2021年にかけれこれまでStar☆Tを支えてみたメンバーが多数退団して、新しいグループになったようなものなので、そんな新しいグループには新しい曲がたくさん欲しいというのが、このアルバムを作った一番の理由です。
 なので、まずは今のメンバーを知って欲しいし、いろんな人に聴いて欲しいし、ステージパフォーマンスも観て欲しいと思います。
 type-BはStar☆T10年の歴史動画収録のボーナスDVD付き、type-Cには初めてのBEST盤がボーナスCDで付いてます。ABCの3枚ワンセットで“これまで”と“これから”のStar☆Tがわかる内容になってます。
 ぜひお手に取ってみてください!

【楽曲解説】プロデュ―サ―によるアルバム「2021」楽曲解説 その④「Hello!」「HAKA」について #すたーと

CD発売後恒例の制作者による楽曲解説インタビューを公開します。
Star☆T2ndフルアルバム「2021」について、収録楽曲について、楽曲制作/プロデューサーのみなさんにお話を伺いました。

その① アルバム「2021」全体、「メカクシンデレラ」について
その②「ひねくれたI LOVE YOU」について
その③「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』」「リコネクト」について 
その④「Hello!」「HAKA」について 
その⑤「TEN~Up Down Ladder~」「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう」「2021-2021ver.-」について、その他 まとめ 


●各楽曲解説 M5「Hello!
――続いては、青SHUN学園コンポーザーでありソロでも活躍されているSHUNさんのソロ楽曲「Hello!」のカバーについて。まずは清水トータルプロデューサーに伺います。カバーの経緯は?
清水:インタビュー冒頭で、恒例なら2021年春にCD発表したはずが、出せなかったと話しました。具体的な構想はありませんでしたが、出していたなら多分シングル盤で、SHUNさんに新曲を依頼しようかと、おぼろげに思ってたんです、「コングラチュレーション~希望の鐘の音~」に続く曲として。これ、初めて言いますけど、、、。
 それがコロナ禍で企画すら立てられず(当然SHUNさんに依頼するまでもなく)、2021年12月にアルバム発表となりました。
 大変お世話になってるSHUNさんの曲を10周年記念盤となるこのアルバムにぜひ収録したい、ただ、新曲はやっぱりシングルリード曲でお願いしたいな、、、とも思いまして、それなら既発表曲をカバーをさせてもらのはどうかという発想になりました。

――「Hello!」を選んだ理由は?
清水:アルバム決定の頃から青SHUN学園さんのCDを通してずうーっと何回も聴きまして。ステージで何度もコラボさせてもらってる「手紙。」も候補でしたし(あまりにも有名な曲なので、ちょっと逡巡しましたね、、、)、他にも初期の2枚組「力の限り!!!!!」にいい曲がいっぱいあって「タスキリレー」とか「夢の中へ」なども候補で。そんな中SHUNさんソロの「Hello!」を思い出して、女性ボーカルになれば元曲から印象が変わってカバーしやすいかなと思い、「Hello!」に決めました。詞の内容も10周年に合ってるなと思い、SHUNさんに許可をいただきました。
 それで、他の楽曲依頼から少し遅れて、菊池さん松中さんコンビにアレンジをお願いしました。

――「Hello!」のアレンジ、トラックメイクされた松中啓憲さん、菊池卓也さんにお話しを伺います。SHUNさんのソロ楽曲「Hello!」のカバー制作を依頼された時はいかがでしたか?
菊池:アルバムの個別製作のお話から少し時間を経て、この曲のアレンジのお話を清水Pよりいただきました。
 Star☆Tの発展に尽力くださっているSHUNさんの、しかも有名で人気もあるこの曲…はたして納得いただけるようなアレンジができるのか…とやや戦慄を覚えた記憶があります。OKのお返事をするまで結構時間がかかりました(笑)。
 なにしろ原曲がすでにこれ以上ないくらい完成されている。またミクスチャー的な楽曲を製作する経験が無かったので、より頭を悩ませました。
 しかし清水Pがこれまでのアレンジ楽曲を評価してくださり信頼し頼んでいただいた、との自負がありましたので「やはりこれはやらねば!」と思いこの曲に関しては松中の手を借りようと決めました。また松中も快諾してくれたので心強かったです。
松中:原曲がかなりボーカル、追っかけボーカル、セリフ、と複数ある完成度の高いアレンジになっているので、プレッシャーも感じましたが大人数で歌う醍醐味もあるのではと思いましたので、10周年にふさわしい活気あるとにかくフレッシュなサウンドになるように思い、菊池の意向も汲みながら制作させていただきました。

――楽曲制作過程について
菊池:「リコネクト」の制作と同時期に松中宅での「合宿」をした際に僕の音取りから始まりましたが、ほぼ絶対音感を持つ松中が見かねて作業をほぼ進めていきました。どけ~俺がやる!って感じで…(笑)。
 清水Pからの依頼は「アレンジではあるが、キーの変更以外曲調はそんなに変えなくても良い」とのお話でしたので、コードもほぼそのままで良いだろう、と決め打ち後は松中の作業を俯瞰し見守る形だったと思います。
清水:カバーって元曲からの印象を変えたいって思いがちなんですが、複数女性ボーカルで歌うだけで印象変わるだろうから、元曲の構成とか雰囲気は踏襲していいのでは、と菊池さんにお話ししました。
松中:普段、僕自身がピアノの弾き語りでライブ活動を行っているため、ピアノのみでカバーアレンジをすることはとても多いのですが、実はオケでのアレンジ制作機会はそれに対してかなり少ないので、自分の中ではオケアレンジは経験不足だと感じてはいますので、とにかく思いつく音を入れてゆき、何度も何度も聞いて、後に取捨選択していくスタイルをとっています。
 まずは、リズムトラック、そしてベースライン。ベースラインはピアノで実際に左手で再現して弾く形でいれています。それから上物となるピアノをとりえず弾いてみる。
 レコーディングに使用するデモの段階では、この3つの音しか入ってない状態だったと思います。レコーディングの後から、少しずつ装飾音を加え、全体図を見ていくことになりました。
 特に難しいなと感じたのは、原曲のエレクトロロックなイメージから、どう違いを出してアレンジが出来るかな?という点です。
 今回はシンセサイザーとピアノをメインに、そしてStar☆T楽曲制作の際に毎回お願いしているギタリストの木曽義明くんに、エレキギターでのバッキングとソロをお願いし全体アレンジしていきました。

――楽曲の聴きどころ、こだわった点について
菊池:最終段階の話にはなりますが、オケの音色を聴きやすく、なおかつパンチが感じられるよう様々なシンセを用いていじりました。特にバスドラム、スネアドラムの音はデジタル感をより強めようとこだわりました。
 松中の爽やかなピアノ節と、重厚なデジタルロックテイストが反発する事なくスッと耳に入ってくる、そんなサウンドを目指し調整していきました。
 間奏はSHUNさんの原曲ではシンセをバリバリ聴かせるアレンジでしたが、Star☆T版では、いつもキレッキレな演奏をしてくれる木曽さんのエレキギターと松中ピアノのセッション!という形でとても息が合った演奏だったので、そこは「アレンジしたよ!」という主張を込め決めました。
松中:先ほどお話したように、アレンジは原曲をどうしてゆくか、が一番難しいところじゃないかと思います。全く同じでもいけないし、楽曲を極端に変えるのもどうだろうかなどありますが、今回はテンポや曲調はそのままでとのことでしたので、、サウンド面の方向性をシンセサイザー、ピアノ、生エレキギターで考えてみました。
 聴きどころは、やっぱり大人数の歌声です。原曲のSHUNさんのソロバージョンと、Star☆Tメンバーの大人数で歌うアレンジは十分違いが出せるんじゃないかなと思いました。
 ただ、これは膨大な録音トラックがあり、実際はめちゃくちゃ大変でサジを投げかけました(苦笑)。でも、その分、非常にダイナミックなボーカルアレンジになったのではないかなと思います。
 サビ前のセリフは聴き方が変わるよう意識してバッキングにこだわりました。ほぼブレイク(無音)にして聞かせた1サビ前、そしてリズムの疾走感を失わずにいった2サビ前。両方ともステレオで聞くと両側から声が聞こえるようになってるのも個人的に好きなところです。
 落ちサビはエレクトロな原曲に対して、メロウなピアノのみで表現する形にしました。
 それから、サビの追っかけコーラスは誰の声かわかりますでしょうか?実はソロパートのある3人とは別に、残りの2人の声のみで、サビの追っかけコーラスを構成しました。声の違いにも注目いただけたらと思います。

――レコーディング、ミックスなどについて
菊池:「SIGs~」のところでお話した通り、この曲もデモ完成がギリギリになってしまい、メンバーはスタジオで初めてオケを聴くという負担を強いらせる状況になってしまいましたが (本当に申し訳ありませんm(_ _)m)、キーの変更を除けば、サイズなどは変えなかったため、メンバーは本当に良く原曲を聴き込み練習してくれていたようでした。
 清水Pからは、この曲に一番合っていると思われる近藤実希さんをメインでいければと決めてられましたが、他の参加メンバーにも一通り歌っていただいたと思います。
 基本はSHUNさんの歌い方(ファルセットや力の入れどころ、抜きどころなど)をこちらから提案した部分もありましたが、皆さん臨機応変に対応してくれました。
 「ここはどうしよう…」と僕が思案していたら、「こういう感じでどうでしょう?」という感じで能動的に逆提案してくれたり、非常に助かりました。結果的に時間はやや掛かってしまったものの、悩むことなくスムーズにレコーディングを進められたのも、ひとえにメンバーと一緒に作り上げていけたからだと思います。
 皆さんがとてもテンションが高かったので、ついでに「おいでん」のカバーと同じようマイクを囲んでラストに「フー!」と入れてもらい、そのままミックスにも入れました。「無い方が良い」と言われたらやめようとの心づもりではいましたが、最後まで誰にも言われませんでした(笑)。
 声の編集や調整は松中がほぼ一人でしてくれました。全く頭が上がりませんm(_ _)m。
 僕が唯一手を入れ編集したのは、リーダー和久田さんのソロパート…モゴモゴ(笑)、レコーディングの時に「そうしますね!」「あー矢作川みたいにね!笑」というやり取りがあったので、これだけは丁寧にやらないと!と(笑)
松中:ソロパートはもともと決まっていましたので、この楽曲では歌割りは必要無かったですが、リバーブの深さを基本担当しました。セリフ、落ちサビはかなりリバーブ深いです。
 声の編集を全編にわたって行いました。上で述べた通り膨大な録音トラックがあったため、根気と根性でなんとかやり遂げました(誰か褒めて下さい 苦笑)。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
菊池:女の子らしい柔らかさと、それをパワフルに聴かせるサウンドが混ざり合った素敵なアレンジが出来たと思います。
 SHUNさんご本人からもTwitterでお褒めをいただき、太鼓判を押していただけた気持ちで嬉しかったです。聴いてくださった方にも届けば良いな!と思います。
松中:SHUNさんの優しいながらも力強いパワーを感じる楽曲を、女の子達ならではの表現の歌に、少しでも寄り添えるようにと思ってアレンジさせて頂きました。ライブでエネルギーを感じていただけるアレンジになっていたら幸いです。

松中啓憲 菊池卓也
これまでの提供曲「変わるもの、変わらないもの」「Restart!」「Only Shining Star」「ご当地ソング」「好きじゃんね。」ほか多数
松中啓憲サイト http://matsunaka-akinori.office-cs.net/
松中啓憲ツイッター https://twitter.com/Mark52akinori22
菊池卓也ツイッター https://twitter.com/yuiu_ren


(「君が嫌いで僕が好きなとこ」インタビューについては原稿到着しだい掲載予定です。しばらくお待ちください)


●各楽曲解説 M7「HAKA
――続いて「HAKA」について、楽曲制作の清水プロデューサーに伺います。楽曲制作の経緯は?
清水:昨年1月に60秒程度の新しいライブオープニング曲を作りまして、ライブはまだまだ声援禁止なので、ダンス中心のものにしようと。ちょうどその頃三浦大知さんの無音ダンスの動画をたまたま見て、これやれるといいなと思って、シンプルにリズムだけのトラックを作りました。
 10周年盤だから私も1曲作ろうと思った時に、このライブオープニングトラックを1曲に膨らませるといいかなと。「Start&Smile」方式ですね。
 元のリズムにまず1コードのベースリフを乗せて、そこに歌メロを乗せて、最後にサビを作ってという順番でした。
 元々のトラックのドラムの音色がかなりエレクトロニカなので、K-POP/R&Bをイメージしまして、BTSを結構聴きまして、すっかりファンになってしまった(笑)。個人的に好きなのは最近のよりポップな「Dynamite」とか「Butter」ですが。BTSみたいなキレのあるダンスを踊って欲しいですね。

――聴きどころを教えてください
清水:ギターソロをGENTさんに依頼しました。ギュンギュンにアバンギャルドなギターソロ、ライトハンドとか入れてくださいってお願いをして。それと無音ダンスパートを残したくて、ギターソロの後半は、ライブバージョンではギターを抜いてリズムとベースだけで無音ダンスやってますので、ぜひステージでパフォーマンスを観て欲しいですね。

――続いて作詞を担当された伴野紀子さんに伺います。作詞を依頼された時はいかがでしたか?
伴野:まず10周年という事実に衝撃を受けました。感慨深いやら、驚くやら。。。
 10年って凄いですね。清水さんからの依頼メールに気付いたのが、締め切りの1週間くらい前でまだ間に合うかな?できるかな?と思いながら引き受けました。記念のアルバムに参加できて嬉しかったです。

――作詞過程について
伴野:今回は、清水さんから依頼があった時点で曲のテーマや方向性がはっきり決まっていたのでそこに向かってガッと一気に書きました。
 清水さんからは一発OKくらいの、良い反応をいただいたのですがそのあと意見を交換しながら2、3回練り直して完成しました。
清水:深井さんの曲を私が作詞することになったので、自分の曲の作詞は他の人にやってもらおうと思った時に、伴野さんに頼もうと。デビュー曲「この街に生まれたから」はじめ、特に初期にはたくさんの作詞をお願いしてきましたので、このアルバムでもお願いしたいと。
 曲自体はダンスがメインの楽曲なので、詞はストーリー性よりも語感重視にしたかったんですが、楽曲「2021」の内容に繋がる感じがいいかなと思って、何個かキーワードを伴野さんに投げて。
 「もう大人は見捨てよう」というフレーズの解釈ですね。世代交代メッセージに取られがちですが、単純な世代交代ではなく、あらゆるところにはびこる既得権層に「もうそろそろお引き取り下さい」っていうのが芯のメッセージです。私たちは地方で、インディーズで、民間で、弱小側ですから。

――聴きどころ、こだわったところなど
伴野:元々、ライブで使っていた曲を膨らませたものという事でステージで、カッコよく踊るStar☆Tをイメージして書き始めたのですが、作詞の過程で「HAKA」というワードが出てからはより力強さや、前のめりな感じを意識しながら書きました。
 「HAKA」はマオリ族の伝統舞踊なのですが、言葉遊びしたくなって「墓場」とも掛けています。
 やりすぎかなと思いましたが、清水さんのOKが出たのでつい。。。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
伴野:ちょっと気合を入れたい時に、頭の中で流れるBGMの1曲に仲間入りさせてもらえたら嬉しいです。

清水雅人
これまでの提供曲「この街に生まれたから」「Swinging Star Forever」「叫べっ!」「夏をあげる」ほか
伴野紀子
これまでの作詞曲「この街に生まれたから」「あなた探して矢作川」「Swinging Star Foerever」「叫べっ!」ほか

【楽曲解説】プロデュ―サ―によるアルバム「2021」楽曲解説 その③「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』」「リコネクト」について #すたーと

CD発売後恒例の制作者による楽曲解説インタビューを公開します。
Star☆T2ndフルアルバム「2021」について、収録楽曲について、楽曲制作/プロデューサーのみなさんにお話を伺いました。

その① アルバム「2021」全体、「メカクシンデレラ」について
その②「ひねくれたI LOVE YOU」について
その③「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』」「リコネクト」について 
その④「Hello!」「HAKA」について 
その⑤「TEN~Up Down Ladder~」「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう」「2021-2021ver.-」について、その他 まとめ 


●各楽曲解説 M3「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』
――続いて「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』」制作の菊池卓也さんです。今回の楽曲制作の依頼を受けた時について
菊池:まず、僕自身の個人的な事情になるのですが、2020年の夏に「拡張型心筋症」という病で2か月ほど入院をしておりまして、退院後も経過観察ということで1年ほどは(コロナの影響もあり)外出を極力控え、自宅で出来る仕事を少しずつしておりました。
 それから1年弱経ったのタイミングで清水Pから、お見舞いのメールとともに新アルバムのお話を伺い「これは心身のリハビリ(笑)として良いタイミングだな!」と思い二つ返事で引き受けることにしました。
 2018~2019年に松中啓憲と共同でシングル「ご当地ソング」の全曲プロデュースさせていただいてから、その後Star☆T SOLO10プロジェクトの楽曲提供に参加製作する過程で、松中も自身でDAW(音楽製作ツール)を随分扱えるようになったこともあり、また今回の清水Pからのお話でも菊池、松中別々の曲を製作するという流れになりました。
 チームで製作するのも有りですが、それぞれ個別での製作となると、その作家性や音楽性もガラリと違うものになるので、今回も曲作りは完全個別製作(お互い干渉しない 笑)となりました。僕の曲は毎回音楽性ブレブレなところがありますが(笑)

――楽曲制作過程についてお聞かせください
菊池:久しぶりの楽曲製作ということもあり、(またお恥ずかしながら僕自身取っ掛かりが遅く毎回ご迷惑をおかけしております…)ありがちですがメロディを思い浮かべるのに一番時間が掛かりました。
 その間にも他曲の作家さんデモがどんどん出来上がってきて参考音源が送られて来る中、「自分の曲はどんな立ち位置であるべきか?」という総合的な思考も加わり、歌詞の内容にも考えが向くようになりました。
 そこで、「松中の曲がマイナー調ならメジャー調で、逆ならその逆」という目安?が漠然と決まりました。CDブックレットのライナーノーツにも書きましたが、当時頭の中では「ご当地ソング」がなぜかずっと流れており、その逆でメインのフレーズが降りていくパターンはどうかなと考え、そのフレーズの前後のメロディが何となく決まっていきました。
 最終的には松中が「リコネクト」で爽やかなメジャー調で作曲をしていたのを聴き、その逆のマイナー調、しかもちょっとドロッとした感じにしようと確定しました。
 Star☆T SOLO10プロジェクトで瑠果さんに提供した曲では世界音楽(マーチング、アラビア風、アイリッシュ音楽)をモチーフにしており、また僕自身も過去に和太鼓をメインにした和曲を自主制作していたこともあり、音色を重ねていったら今回は自然と和風テイストの音楽となりました。
 作編曲、作詞を全て担当するのは「Viva☆LUViːce (ビバ☆ラヴィーチェ)」以来となりますが、今回のアルバム「2021」さらにこの元となった原曲「2021」、また他収録曲の歌詞も大まかに(大人達への反逆)という雰囲気を何となく感じたので、僕もこのテーマで歌詞を作ってみよう!と

――楽曲の聴きどころ、こだわった点などお聞かせください
菊池:テーマは「ギャップ」です。和風ながら和音階に固執せずジャズテイストなホーンの音、飄々とした祭囃子のように見せかけて2番Aメロで突然重いトーンが入ったり一見こだわりの無い(笑)曲展開です。
 また音程の高さが一定になるようBメロでこっそり転調しており、1コーラスをほぼ1オクターブに収めているところです。(大サビはガッツリ転調)あまり意識されないかとは思いますが、メンバーのテンションが上がっている状態ならこのキーが合うだろうと細かなシミュレーションをしました。
 歌詞は流して聴くと一見「自己紹介ソング」のような雰囲気に思えるかもですが、芸事のタブーやSNSの闇、欲望に勝てない人間に対する強烈なアンチテーゼであり非常に攻撃力の高いものとなっています。
 仏教における輪廻の世界である「六道」や賭博用語、四字熟語を用いた生臭い漢字多めなA、Bメロと、今現在よく叫ばれているSDGsや横文字カタカナがメインのサビ、Dメロをミックスしてギャップを表現し、「我々は正しい(と信じる)立ち位置でそんなギャップだらけの世の中を生き抜く!」という「人間道、修羅道」が隠しテーマにもなっています。

――レコーディング、ミックスなどについて
菊池:歌の割り振りは清水Pが既に決めておられました。印象に残っているのが、皆さんがすごく練習してきてくれたことです。
 ただリーダーの和久田さんは何故か「この曲のキーは最初から高くて歌えない」と訴えてきたのですが、他メンバーの励まし?を受けて最終的にはチャレンジしてくれました(笑)。しかし低音パートはちゃっかり(当たり前のように 笑)お願いしてテイクをいただきました。
 また、参加メンバーが「和風の曲好き!」とノリノリで言ってくれたことです。
 お客様などに曲を評価していただけるのはもちろん作者として嬉しいことですが、演者側にそう言っていただけるのはモチベーションが高い証でもありますし、作って良かったなと素直に喜びました(笑)
 サビ最後はラストの長~いコブシを含め実は全て「演歌節」なのですが、本番になると皆さんなかなか上手くいかないもので…最終的には修正で節を作りました。
 歌うメンバーには一通り最後まで歌っていただき、一番良いテイクを採用する形になりましたが、荒武彩音さんが一番しっくりきていたのでテイクは多めです。
 また、斉藤暉さんのテイクが歌の世界観とマッチしており、「大人組」として説得力があると思い落ちサビにもいただきました。
 意外だったのが、佐藤瑠那さんが非常に艶やかかつ伸びのある声で、サブメンバーでありながらも聴き惚れ多めにテイクをいただいています。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
菊池:作った際は、半分お遊びで付けた曲タイトルですが、レコーディングの際に清水Pから「このままの方が面白い」と言っていただいてしまいました(笑)
 CDを手に取ってくださった方が、どう読んでいただけるのかは不安でもあり楽しみでもあります。
 いわゆる「和風曲」って割と多くのアイドルさんが歌っているので、厳しい比較をされるのがおそらく実情とは思いますが、歌詞のメッセージも汲みながら聴いていただけたら幸いです。

――清水プロデューサーからもコメントが届いてます
清水:菊池さんは、クリエーターであるとともにプロデューサーでありバランサーなんですよね。インタビュー冒頭で言った通り、制作のみなさんに「メンバー世代のリアルな心情を入れて欲しい」とお願いしたんですが、そうなると全体的にシリアスな曲調が多くなってしまうかなぁという危惧もあったんです。で、菊池さんからのデモが届いて聞いたらぶっ飛んでて(笑)。この曲があるかないかで大分アルバムの印象が違うんじゃないかと思います。
 意外にもこれまでStar☆Tにはない和風曲でノリもいいので、ライブでたくさんやっていくことになる曲だと思います。
 

●各楽曲解説 M4「リコネクト
――続いて「リコネクト」制作の松中啓憲さんです。楽曲制作の依頼を受けた時について
松中:2011年「ひまわり」の楽曲提供から10年間も携わらせていただき、記念すべき10周年アルバムにも参加させてもらえたことが素直に嬉しいです。
 当時は、ある種のブームで各地でたくさんのご当地アイドルさんが生まれた中で、このように発展を続け、活動が続いてきた事は、本当に素晴らしい事だと思います。
 10周年をお祝いする気持ちで、曲作りをさせていただこうと思いました。

――楽曲制作過程についてお聞かせください
松中:10年間さまざまなメンバーが加入、そして卒業していきました。今のStar☆Tの活動があるのは、現役のメンバーの頑張りは勿論のことと思いますが、引っ張って来たOGの存在も、大きいのではないかと思います。幾つかのレコーディングにも立ち合って来ましたが、メンバーが変わってもクオリティを高めていこうという姿勢が受け継がれているように感じました。
 そんな中、構想した楽曲のテーマは【10年分の絆】。豊田を離れて新天地で頑張る卒業メンバー。想いを引き継いでさらに飛躍しようと豊田で頑張っている現役メンバー。離れていても、目には見えない繋がっているように感じ、今回の楽曲のテーマとしました。

――作詞を担当された菊池卓也さんにも伺います
菊池:だいぶデモ提出の締めが迫ってきた頃、「SIGs〜」の作曲を自宅で一通り終えた後、この曲と「Hallo!」のアレンジをとにかく進めようと、神戸の松中の自宅にて「合宿」という感じで泊まり込みで作業をしました。
 松中の曲は大分出来ておりましたが、歌詞についてはちょっと出来ないかも…という話になり、まずネタ元となるアニメを鑑賞しました(笑)。その世界観や話の流れに加え、松中本人の曲に今まで作詞をしてきた経験からサラっと歌詞が思い浮かんできました。
 松中が自室で製作作業中、僕はおよそ三帖のキッチンでこの曲と「SIGs〜」の歌詞を一晩で仕上げ(「SIGs〜」の方が言葉選びや世界観を作るのに苦心しました 笑)、そのまま松中に仮歌を歌ってもらいようやくデモが完成しました。

――楽曲の聴きどころ、こだわった点について
松中:前々作の「ご当地ソング」の制作の際に「好きじゃんね。」という楽曲を作らせていただいたのですが、僕自身がアニメ好きということもあり、様々なアニソンからインスパイアされた楽曲でした。
 今作楽曲テーマは先ほど話した通りですが、サウンド面はアニソンイメージを強く意識した楽曲にしました。
 松中啓憲楽曲として特徴としては、2番コーラスが1番と同じにならないところ、そして部分転調の多様ではないかと個人的には考えています。
 アニメはテレビサイズだと1番だけなので、ライブやCDで聞くと「2番は1番と違うんだね!」「落ちサビは転調してたんだ?」という発見に気持ちが上がったりします。
 「ご当地ソング」「好きじゃんね。」でも多用しましたが、今作でも同様なので、1番メロディは覚えているのに、2番が違うから苦戦していたメンバーもいたと思います。
 詞のイメージは参考になるアニメを菊池に半ば強制的に観させ(計4時間 笑)、イメージをつくってもらいましたが、間奏にあたる2番の後は、過去との決別、新たに世界をやり直すような場面を想像して、壮大に転調を駆使して落ちサビにつながるようにしてみました。
 僕が関った楽曲の中でも、一番bpm(テンポ)の速い楽曲となり、間奏含めてどんな振り付けになるのかワクワクしながらつくらせていただきました。
菊池:上で述べた元アニメの内容をなぞるようですが、他人との「つながり」を知らなかった時期を経て、いつの間にか「つながり」を疎かにしてしまい相手と距離ができてしまう。
 が、ここで何らかの出来事や自省の精神、もしくは奇跡が起き(転調を重ねた壮大な間奏がそのシーン、だと僕は解釈しました)再び「つながり」を取り戻していく。そんなストーリーを表現してみました。
(当初は「Believing Heart 」とタイトル付けようとしましたがあっさり却下されました。されて良かったと思います 笑)

――レコーディング、ミックスなどについて
松中:プロデューサーの清水さんと、この曲は全体で歌うというより、ソロで繋いでいく形かなという話をしたので、ソロパートの歌割は特にこだわったポイントです。
 初レコーディングとなるメンバーも、個性が光っていましたので、それぞれの良さが引き立つ部分を選ばせていただきました。
 僕は「モーニング娘。」が好きだったので、ソロパート争奪戦をイメージして、頑張った人がソロパートです!などという煽りも失礼ながらさせていただきつつ 笑。
 ここは私一人で歌っているんだよ、という気持ちでやってみて!という事はディレクション中によく話をさせてもらいました。
 その分、気合の入ったRecになったと思いますし、歌割はとても悩まされました。優しく温かな歌声、ファルセット(裏声)の綺麗な声、力強くも切ない歌声、純粋な声、魅力的なソロパートになったと思います。
 特に、誰が歌っているんだ、という事が分かるように、実際に歌ってもらった雰囲気や息遣いをなるべく残すことにもこだわりました。
 推しメンもそうじゃないメンバーの魅力も、沢山詰まったミックスになったと思いますので、繰り返し何度も聞いていただきたいなと思います。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
松中:人とのつながりは、思い通りにはないことも、時には離れてしまうこともあるかもしれません。
 離れてしまった想いも、再びつながる事も出来るんだよ。「リコネクト」というタイトルには、そんなも想いも込めさせていただきました。
 今のメンバーたちのさらなる飛躍するパフォーマンスを、多くの方に観ていただけるような、楽曲となれば幸いです。
菊池:恋愛直球な歌詞ではありませんが、恋人や友人、仲間など大切な人との間で「つながり」を持つことへの讃歌、と言うと大袈裟かもしれませんが、そんなエッセンスを感じ取っていただけたら!です。

【楽曲解説】プロデュ―サ―によるアルバム「2021」楽曲解説 その②「ひねくれたI LOVE YOU」について #すたーと

CD発売後恒例の制作者による楽曲解説インタビューを公開します。
Star☆T2ndフルアルバム「2021」について、収録楽曲について、楽曲制作/プロデューサーのみなさんにお話を伺いました。

 

●各楽曲解説 M2「ひねくれたI LOVE YOU」
――続いて「ひねくれたI LOVE YOU」制作のGENTさん、そしてギターソロのYUKIさんにお話しを伺います。まずはGENTさんに、今回の楽曲制作の依頼を受けた時はいかがでしたか?
GENT:まずは、10周年おめでとうございます。僕自身は音楽面で関わらさせて頂いて5年ですが、今回の10周年記念アルバムでも曲を書かさせて頂き、嬉しく思います。
 このお話をいただいた時、僕は少し音楽から離れてて、ここ最近曲を全然書いてなかったんですね。それと、中心メンバーがどんどん抜けてって、それでもこのグループにはもっと未来を向いて続けてってもらわないと!って気持ちでした。それは彼女たちの一生懸命な姿を見てきているからです。10周年プラスそんな時だからこそ、僕も今回楽曲作る際、何か面白いサプライズ的なことできないかなと考えました。そこで、僕が日頃からお世話になってるミュージシャンの方に参加してもらおうと。今回はRayflower、DUSTAR-3のギタリストのYUKIさんに参加してもらいました。

――YUKIさん、ギターソロの依頼を受けた時はお気持ちは?
YUKI:GENTから頼まれたので、喜んで(笑)精一杯、弾かさせて頂きました。
GENT:恐縮です(汗)、ありがとうございます。もちろんダメ元で連絡しました。でもそんなYUKIさんは「お疲れ様^_^良いよ^_^」って顔文字付きで2つ返事で快くやって頂きました。大変恐縮なことなんですけどね!しかも、データを送った1週間後にはギターソロが届きました!
 YUKIさんはサポートではAcid Black CherryやLinked HorizonやHYDEさんのアコースティックコンサート等で大活躍されてる方です。進撃の巨人のOPのあの曲ももちろん弾かれてます。僕自身、影響受けたギタリストの一人で、Acid Black Cherryのコピーをしてたり、高校の頃から憧れの存在でした。「アイ♡ワナ」の冒頭の「キュイ~ン」はYUKIさんの影響です。
 10周年ライブにも出演して頂き、これはまずは、YUKIさんの生ギターはめちゃくちゃカッコいいので見てもらいたかったのと、もう一つはプロフェッショナルな方を実際にメンバーにも見てもらって、刺激になればなと、もちろん参考になるところも沢山あっただろうし、もう10周年ライブはメンバーもお客様も大喜びで大成功でした。

――楽曲制作過程についてお聞かせください
GENT:前作の「アイ♡ワナ」って曲は沢山ライブでやられてるんですよね!?そんな「アイ♡ワナ」以上の曲を作りたくて。実は2曲用意してて、しかもタイプ違いの曲、最初は清水Pと話してもう1曲の方にするつもりだったんですが、アレンジ面で迷走しちゃって自分でボツにしました。それで今回の曲に変更したんですが、結果良かったのかなと思います。
 アレンジに関しては、まずはメロディーと曲のイメージが頭の中で出来てて、それをパソコンで再現してなんですが、色々試してるうちにまた違う発想が生まれたりして、これがまたいいんですよね!歌詞もいい意味でイメージと違うものがきました。この曲を書いてる時は、感謝の思いを込めて書いてたので、これ言い方悪いかもですが、少しメンヘラな歌詞が来たときには、歌詞だけでこんなに曲のイメージが変わるんだなって、凄く感じました。もちろんいい意味です。

――楽曲の聴きどころ、こだわったところなどお聞かせください
GENT:こだわったところは、、、、特にありません笑笑。この曲に関しては逆にこだわらないことにこだわりました笑笑。もちろん、曲の大元の基礎がしっかりしてることは条件なんですが、それ以外は口ずさめるように、ほんと口歌なんですよ。アイドルソングこそ単純な方が作りやすいんでね。
 僕はこだわり過ぎるといい曲書けないタイプだし、いつもそうなんですが、どちらかといえば頭の中でイメージしたものを形にしてるだけです。
 強いて言うなら最初にもらった歌詞に対して色々注文しました。と言っても書き直しと言うよりか、追加してもらいました。meiちゃん色々言ってすみませんでした。でも素晴らしい歌詞が出来上がったと思います。「強くギュッと」とかめっちゃいいですね!
 聴きどころは瑠果ちゃんの落ちサビですね!あの歌声落ちサビに凄く合ってませんか?この落ちサビは当初は無かったんですが、歌詞が入って、イメージが変わり、最後の最後に急遽アレンジ変更して落ちサビが出来ました。こういう化学変化的なこと大好きです!
 僕的には2Bの優愛ちゃんが歌ってる雰囲気もとてもいいなって思いました笑笑。あとは、イントロのリードシンセはいい出来たなと自分でも思っております笑笑。

――YUKIさんに、ギターソロの聴きどころ、こだわった点を伺います
YUKI:バンドじゃないのでメロディックなギターソロをイメージして、且つYUKI として指名されてるので、YUKIらしさも盛り沢山で作りました。みんな可愛いらしい声で歌ってらっしゃるので、対比として熱くエモーショナルなギターが合うかなと思いました。
GENT:いやー、、、もうね、入り方から最後のユニゾンまでめっちゃカッコよくて、メロメロでした!

――レコーディング、ミックスなどについて
GENT:まずは、デモの段階から適当に作るのではなく、仮歌までしっかり作り込みました。これは、レコーディング時間を短縮するためなんです。いい作品を作りたいと思ったら、楽曲うんぬんにこだわるよりも、まずはこういった基本的な段取りをこだわることの方が僕は大事だと思うんです。本番よりも練習ってやつですね!さっきこだわったことはありませんって言っときながら笑笑。
 レコーディングはとりあえず、ここのリズムに気をつけてとか元気よく歌ってくださいくらい伝えといて、すんなり終わりました。あっ、、こだわったことあったわ!笑笑、コーラスは和久田さんとあやねちゃんを指名しました。直感的に大人の女性の声がいいと思って。しかも「やる気ない感じであえて歌って」って注文しました。見事にイメージ的中でした。
 あとスタジオでみきがピッチ修正に興味があったらしく、最初のサビの4小節分のみきのパートは自分で音程を直してました。もっと覚えてもらって今後はみきにやってもらおうかな笑笑。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
GENT:楽曲提供したとはいえ、前回の「アイ♡ワナ」でもそうですが、全て僕が作ったわけではありません。だって曲のタイトルすら僕が付けてないですからね笑笑。まずは、清水Pがいて、作詞のmeiちゃん、ギターソロを弾いてくださったYUKIさん、振り付けのmisolaさん、そして歌を歌って、踊ってるStar☆Tのメンバー、それを一緒に楽しんでるファンの皆さん、色んな人が絡んで、それが理にかなって一つの作品が今回も出来たと思います。こらからもStar☆Tの応援よろしくお願い致します。
YUKI:今回レコーディングさせてもらったのも何かの縁で、またどこかで皆様の耳にYUKIのギターを披露できたら嬉しいです。是非沢山の人に聞いてもらえることを願ってます。

――最後に告知などあれば
GENT:僕は特にないですが、YUKIさんありますか?
YUKI:まずはRayflowerで
4月12日(火)愛知・Electric Lady Land
4月13日(水)大阪・umeda TRAD
5月30日(月)東京・新宿BLAZE
の3カ所にて、東名阪ツアーが決まってます。
あとは、ベーシストのMASAKIさんのセッションで全国ツアーも決まってます。
「MASAKI NIGHT全国ツアー2022~トリオの旅~」
4月23日(土) 吉祥寺シルバーエレファント ※配信あり
4月29日(祝金) 和歌山OLD TIME
5月1日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM ※配信あり
5月3日(祝火) 福岡reflex
5月3日(祝木) 広島スマトラタイガー
5月7日(土) 梅田Zeela ※配信あり
5月8日(日) 名古屋HOLIDAY NEXT NAGOYA ※配信あり
5月13日(金) 札幌HOT TIME(前夜祭) ※スタート時間、料金変わります
5月14日(土) 札幌HOT TIME
5月15日(日) 札幌HOT TIME
5月21日(土) 両国SUNRISE ※配信あり
5月22日(日) 両国SUNRISE ※配信あり
精一杯ギターを弾かさせていただきますので、是非観にきてください。

――続いて「ひねくれたI LOVE YOU」作詞のmeiさんに伺います。作詞の依頼を受けた時の気持ちは?
mei:元々Star☆Tリーダーのあかりんちゃんと仲良くさせていただいていて、、私自身アイドルが大好きなので、いつかアイドルの楽曲を作詞してみたい!という目標があり、私からあかりんちゃんに「Star☆Tちゃんの作詞をさせてもらえませんか?」とお願いしたのがきっかけです。
 あかりんちゃんはすぐ動いてくださり、アルバムが発売することが決まってお声がけしてくださいました。まず覚えていてくれたことがとても嬉しかったです。

――作詞の過程についてお聞かせください
mei:最初に音源を聴かせてもらった時に頭に浮かんだ言葉は「儚さ」「強さ」でした。この言葉を元に作詞していきました。私自身ストーリー仕立ての作詞が得意なので(笑)、「好きな人のことが好きすぎて、空回りしてしまう女の子」とい うストーリーを考えた上で作詞していきました。
 あとは、アイドルソングあるあるだと思うのですが、キーワードとなる言葉(この楽曲の場合「〇〇I LOVE YOU」)を一番最初に考えました。
 このキーワードとなる言葉をどう使うか、どこに持っていくか・・・考えるのが難しかったです。
 持っていく場所によって、聴く人の耳への届き方、印象深さが変わってしまうので、一番意識しました。

――楽曲の聴きどころ、こだわった点などお聞かせください
mei:先ほど話したようにストーリー仕立ての楽曲で、ストーリーにこだわっています。
 ぜひ、頭の中で想像しながら聴いていただけるとより心に刺さってくださるのではないかなと思ってます。共感していただけたら嬉しいですね!
 あとはタイトルの「ひねくれたI LOVE YOU」以外にも様々な「〇〇I LOVEYOU」が出てきます。ぜひ注目して聴いていただけたら嬉しいです!

――レコーディング、ミックスなどについて
mei:私はレコーディングに参加できなかったのですが、仮レコーディングをこの楽曲の作曲をされたGENTさんにしていただきました。Star☆Tちゃんがレコーディングに迷いなく参加できるよう意識し、一つ一つ注意深く言葉を大切に仮レコーディングいたしました。
 私自身元々バンドマンなので久しぶりにレコーディングできて、個人的にも楽しめました!

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
mei:学生時代よくStar☆Tちゃんともイベントで共演させていただいていた元豊田市出身のシンガーソングライター 元Myuuのmeiです(ややこしい笑)。
 今は活動から離れてしまったのですが、このような形で今回Star☆Tちゃんとコラボすることができとても嬉しく思います。
 これからも豊田市を代表してどんどん前に前に、15周年、20周年というStar☆Tちゃんの歴史を皆さんで応援していきましょう!
 1人でも多くのStar☆Tちゃんファンの皆様の耳に「ひねくれたI LOVE YOU」が届きますように!大切にしていただけたら作詞した私は十分幸せです。

――最後に、告知などあれば
mei:今は活動等行なっていないのですがInstagramのみSNSをやっております。
「m____dayo」( _4つです!)で検索していただくと出てきますので、ぜひ楽曲の感想等いただけたら嬉しいです。

GENT
コンポーザー、ギタリスト。様々なアーティストの音源制作やライブに参加。過去にはSKE48、NMB48の劇場でマニピュレーターも担当。
Star☆Tには「アイ ♡ワナ」「 Glorious Future」を楽曲提供した他、「ファンタジーメモリーズ」「泡沫の人魚 -組曲」「ご当地ソング」など十数曲ギター演奏もしている。
ツイッター https://twitter.com/Gent_Szk
インスタ https://www.instagram.com/gent0905/
YUKI
1999年Λuciferのギタリストとしてメジャーデビュー。現在はDUSTAR-3,Rayflowerで活動中。
サポート,レコーディングではAcid Black Cherry、Sound Horizon、Linked Horizon、HYDE、ジェジュン、Kalafina、SMAP、MASAKI、是方博邦、淳士など
ツイッター https://twitter.com/yuki_snowman_xx
mei
Star☆Tへの詞提供は初めて
豊田名古屋東海地区で活動するシンガーソングライター(現在活動休止中)

【楽曲解説】プロデュ―サ―によるアルバム「2021」楽曲解説 その① アルバム「2021」全体、「メカクシンデレラ」について #すたーと

CD発売後恒例の制作者による楽曲解説インタビューを公開します。
Star☆T2ndフルアルバム「2021」について、収録楽曲について、楽曲制作/プロデューサーのみなさんにお話を伺いました。

その① アルバム「2021」全体、「メカクシンデレラ」について
その②「ひねくれたI LOVE YOU」について
その③「SIGs {tart}『持続可能なアイドル目標。』」「リコネクト」について 
その④「Hello!」「HAKA」について 
その⑤「TEN~Up Down Ladder~」「あの歓声が聞こえたら、僕らは再び出会うだろう」「2021-2021ver.-」について、その他 まとめ 


●アルバム「2021」全体について
――まずは、清水トータルプロデューサーにお聞きします、アルバム「2021」制作の経緯は?
清水:Star☆Tは全国流通盤になった5thシングル「ハイブリッドガール」以来、年1枚ペースで大体冬~春頃にCDを発表してきましたが(4thシングルまでは自主製作盤)、その恒例がコロナ禍で途絶えたんですね。2020年の4月に9thシングル「Woman」を発表して、何もなければ2021年の春に新譜を発表していたところですが(具体的な構想はありませんでしたが)、ライブやイベントもままならず、Star☆T自体をどうしていくかを考えなくてはならない状況では、やはりCD発表は考えられませんでした。
 2020年の内は、コロナ騒動も1年くらいで収まるんじゃないかって根拠なく思ってたんですが(なんとなくそう思ってた人多いんじゃないでしょうか、、、)、2021年になって第3派もやってきて「これはどうもそう簡単なことではなさそうだ」となって。2020年度は計画なんて何も立てられませんでしたが、2021年度はやれるかどうかはわからないけど、計画は立てようと。
 それで、2021年はStar☆T10周年イヤーでもありますし、10周年を迎える12月にアルバムを出して、10周年記念のイベントもすると決めました。4月頃ですね。
 楽曲「2021」が代表曲の1つという評価もいただいてたので、2021年に10周年だから、アルバムタイトルは「2021」で、新曲10曲収録でっていうコンセプトは結構すんなり決まりました。

――楽曲「2021」を作った時に、10周年が2021年になることは見越していたんですか?
清水:それ、結構聞かれるんですが、全然そんなことはなくて。2020年の東京オリンピック後の世界、どんどん沈んで荒野のようになっていくだろうこの国をサバイブしていく彼女たち世代の決意を歌ってますが、2021というフレーズは「コングラチュレーション~希望の鐘の音~」のSHUNさんとの制作打ち合わせの時にも出ていたワードで、10周年のことなんて頭の片隅にもなかったです。
 実際オリンピックは、この国のありようを象徴的に露呈するような紆余曲折・混乱を経て開催され、思っていた以上にこの国は、世界は、加速度的に沈んでいってるように見える。 
 楽曲「2021」の歌詞がより際立ってしまう状況に残念ながらなってしまっているという想いもあって、アルバムタイトルを「2021」にしようと。

――具体的な制作経緯をお聞かせください
清水:10周年記念盤ということで、これまで楽曲提供いただいてきた方を中心に制作依頼する人をピックアップする作業から始めました。
 デビュー当時からお願いしてきている木蓮堂さん、松中さん、菊池さんはマストで依頼、それから深井さん、藤村さん、GENTさんにもお願いして、SHUNさん楽曲のカバーを1曲、それから私も1曲作ろう、それと「2021」のセルフカバーも収録して、、、という感じで決めていきました。
 初提供の方も入れたいって思って、以前より考えていたねじ式さんにも依頼しました。メンバーが以前にねじ式さんにボーカルレッスンを受けてて、ボカロPとしてすごい活躍されてるって話を聞いてまして。
 それで10曲揃った。10曲を依頼する方を固めて、6月にみなさんに正式に依頼しました。

――各制作者にはどのようなオーダーをされたんですか?
清水:前アルバムの「メロウ」はコンセプトアルバムで、全体のストーリーがあって、それに沿って楽曲も進んでいく構成でしたが、今回は逆にそういうトータル性は持たせず、独立した1曲1曲が集まったアルバムにしようと思いました。コンセプトは、10周年記念盤10曲収録で十分だろうと。
 それと、年内で牧野凪紗、misola、もしかしたら朝空詩珠紅も退団していくことはわかってましたので、歌う顔ぶれがガラッと変わる、なので、バラードやソロ曲はなくていい、ライブで盛り上がる、すべてシングルリード曲になるような曲をお願いしますと。
 詞の内容としては、歌う彼女たち世代(いわゆるZ世代というんでしょうか)のリアルな今の状況や心情を入れて欲しいという要望をしました。
 それ以上のオーダーはしてません、具体的なジャンルとかサウンドの方向性などの話はせず、みなさんに絶対的な信頼を寄せていお任せしました。
 9月頃までにみなさんからデモをいただき、歌詞は別の方でという曲の作詞は、これまでにもお願いしてきたどうまえなおこさんと伴野紀子さん、それと初提供になるmeiさんにお願いして、深井さん曲は「作詞は清水さんで」とご指名いただいて私が書きました。
 10月末に4日間かけてレコーディング、11月上旬にプレス入稿しました。
 

●各楽曲解説 M1「メカクシンデレラ」
――それでは、収録曲について1曲ずつお聞きします。まずはアルバムオープニングを飾る「メカクシンデレラ」について。作詞・作曲・編曲のねじ式さんに伺います。今回の楽曲制作の依頼を受けた時はいかがでしたか?
ねじ式:Star☆Tには以前からボーカルレッスンなどで関わっていたメンバーも在籍していた事から「いつか僕に楽曲依頼する未来が来るといいね。その時は全力で最高の曲を送りますよ!」と約束していました。
 その夢がついに実現した事を本当に嬉しく思っています。

――楽曲の制作過程についてお聞かせください
ねじ式:Star☆Tとしても主力メンバーの入れ替わりがあったりと大事な変化の時期だという事を清水さんから伺っていたので、新しい世代のメンバーの名刺がわりになる曲にしたいと思っていました。
 テンポ感もいつもの僕の楽曲よりも速く、歌詞はZ世代のリアルな葛藤を盛り込んだ歌詞にしました。
 SNSなどの微妙な距離感の人間関係を乗り越え、完璧な人間になれなくてもいいから「生きて」ほしいという願いを書いています。
 アレンジに関してはピアノの音色にこだわりました。生のピアノ音源とエレピなどを数種類混ぜた音色でイントロのフレーズなどを構築しています。

――楽曲の聴きどころ、こだわった点などお聞かせください
ねじ式:僕がボカロPという事もあり、ボカロカルチャーの主流である影のある歌詞、韻を踏んだ表現などにこだわっています。「君に会いたい」と「気味が悪いほど」の重ねた表現は自分でもお気に入りです。

――レコーディング、ミックスなどについてお聞かせください
ねじ式:自宅で全ての楽器を自ら演奏、録音しています。
 その上でいつもボカロ曲でもお世話になっているVoxBoxStudioの深井さんに全データをお渡ししてミックスしていただきました。ボカロ曲のような疾走感とアイドル曲のキャッチーさが上手く融合した仕上がりになっていると思います。

――楽曲をお聴きの方にメッセージをお願いします
ねじ式:MVも歌詞をしっかりフィーチャーした印象的な仕上がりになっているので、是非そちらも観てもらえたら嬉しいです。特にラストの落ちサビの和希さんの歌っている姿がお気に入りです。
「メカクシンデレラ」MV公開中 → https://youtu.be/z71N42lMf7o

――最後に、告知などあれば
ねじ式:CBCラジオで毎週土曜日20時半から「RADIO MIKU EX」という番組レギュラーで出演しています。
 今回の楽曲提供をきっかけにボカロ音楽にも触れてもらえたら嬉しいです。
https://radichubu.jp/radio_miku/

ねじ式
Star☆T楽曲初提供
ねじ式サイト https://www.nejishiki.com/
ねじ式ツイッター https://twitter.com/nejishiki0221
ねじ式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCeQ69f1ETJ-rR7BR5RtK_vA

2022-01-01

【配信・動画】Star☆TTV第18号(2022年1月号) 1/3 21:30~ 動画公開&特別生配信やります #すたーと

Star☆Tのライブ以外の魅力も発信!いくつかのコーナーで構成されたネット配信バラエティ番組Star☆TTV!昨年2月、8月に続き3回目の特別生配信を行います。
今年2月、8月以来の「Star☆TTV」、今回も特別編ということで、YouTubeプレミア公開&YouTubeLiveによる生配信でお送りします。チャットでのご参加お待ちしています!

Star☆TTV#18
【日時】1月3日(月)21:30~(約15分)
【内容】
○「ちかごろのStar☆T#78」21:30~
YouTubeプレミアム公開 公開URLはこちら https://youtu.be/XfrGSYX6u6U
2021年9月~12月の活動記録 TIF2021出演、朝空詩珠紅退団、10周年記念ライブほかの巻
○特別企画「Star☆T新年会&運営会議生配信」21:45頃~
YouTubeLive公開 公開URLはStar☆T公式ツイッターにてお知らします
又はStar☆TYouTubeチャンネルにて https://www.youtube.com/c/star2t
2021年の振り返りと、2022年方針を話し合う運営会議を公開で行います。どうぞお楽しみに!(リモートで行います)
出演:和久田朱里(総リーダー兼アシスタントプロデューサー)、荒武彩音・伊勢実恩(チームリーダー)、清水(プロデューサー)

Star☆T YouTubeチャンネル → https://www.youtube.com/c/star2t



【新年のごあいさつ】おけましておめでとうございます 本年もStar☆Tをよろしくお願いいたします #すたーと

あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。2020年より続くコロナ禍で、ままならないこともありましたが、デビュー10周年イヤーとして、また10周年と直接関係ない面でも、Star☆Tにとって何かと節目になった1年だったと感じています。
2021年だけでなく、デビュー以来10年、多大なる応援をただいてきたことに改めて感謝するとともに、2022年は、10年の歴史を引き継ぎつつ、新たな気持ちでスタートする所存です。
本年もStar☆Tをどうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶まで。